釣りが好きだけど釣れない家族の成長日誌

雨の日は魚が釣れやすい?

「雨の日は魚が釣れやすい」と聞いたことあるけど本当?

雨の日は釣れやすいのか?

・釣り人が少ない

いつもは釣り人で賑わう人気のポイントも雨の日は人が減り、好きな場所で釣りができる。(あたすは逆に不安になるけど「え?今日釣れないの?」)

・魚がスレにくい

人が少ないとルアーや仕掛けがあまり投げ込まれてないので、魚がスレていない。

・雨で警戒心が薄れる

雨が降ると水面に雨が打ちつけられて、水の中が見えにくくなる。そうなると魚の天敵となる鳥が狩りをしにくい状況となり、魚の警戒心が薄れる。

・低気圧の影響で魚が浮いてくる

魚の体内にある浮き袋が低気圧の影響で、膨らみ浮き気味になる。また水中で動きやすくなり活性が上がる。(なんか可愛い笑)

・動物プランクトンの活性が上がる

雨が降ることで海水の溶存酸素量が増え、動物プランクトンの活性が上がる。その結果動物プランクトンを捕食する小魚が釣れやすくなり、小魚を捕食するフィッシュイーターも釣れやすくなる。

ちなみに昨年、雨の日に、、

伏木周辺で次男が釣った32センチのクロダイ❗️
ぶっ込み釣り・エサはホタルイカ

今年の5月1日、、

次男が太鼓山周辺で釣ったブラックバス
マキッパでの釣果

まとめ

雨の日は釣れやすいのかもしれない!

ただ昨年庄川で31センチのクロダイ釣った日は、超晴天だった笑

雨の日に釣りに行くのもありかもしれないけど、風邪もひきやすいし足元も悪いので、注意や備えが必要。

特に子供と行くときは気をつけなければ。

またひとつ学んだ「釣れない家族」でした。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>【釣れない家族の成長日誌】

【釣れない家族の成長日誌】

CTR IMG